増える浮気と行動調査

テレビ番組などでも中年女性タレントなどのお喋り番組で、自分たちの浮気経験を平気で暴露する時代になっています。

 

浮気が原因で離婚危機や離婚訴訟までに発展してマスコミの激しい取材攻勢を受けているタレントや俳優たちもテレビや雑誌を賑わす時代になっています。

 

このような報道や記事を見た一般人達の浮気に対する意識もおおきく変化しておりますので、一昔前のような貞節や操を守るなどの言葉が無美柑王に聞こえる時代です。

 

女性は結婚して妻となって子供ができますと母親として貞淑な女房として嫁ぎ先の親にも使えることが基本でした。

 

男性の方も結婚して子供が出来たら責任をもって家族のために身を粉にして働くことを誓います。

 

それでも、昔の男性は仕事が成功して金ができるとキャバレーやクラブ、待合料亭のようなプロの女性のいる遊び場に遊びに行きますし時には女性たちと位置や浮気もします。

 

男性の場合のこのような浮気は「男の甲斐性」とかいって一時の遊びということで家族に迷惑を掛けなければ許された社会の風潮がありました。

 

しかし、この時代の既婚女性が主人以外の男性と肉体的な関係を持つ浮気をすることは、当然に子供に対する権利も出来ないことでした。

 

しかし、近年の女性は結婚前にも複数の男性とお付き合いをして知る方が多く、結婚後も他の男性との浮気をすることに抵抗ない女性が増えています。
この傾向は女性だけでなく男性の方も同じで結婚前から何人もの女性とお付き合いしてから結婚しますが、時間の経過とともに独身時代と同じように妻以外の女性ともデートを楽しみます。

 

このような時代ですから結婚前時に神父や僧侶のまえで永遠の愛と貞節を誓い合ったのは忘れて、浮気の虫が動きだしますので男性も女性もお互いを信用できなくなります。

 

最近は夫婦や恋人間でお互いの浮気を疑って相手の行動調査を探偵社に依頼するケースが急増しています。

探偵事務所に浮気の調査依頼をする。

国際化する時代ですから外国の男女間や家屋の考え方が日本の男女のあり方にも大きな影響を与えて変化を起こしています。

 

ハリウッド映画では既婚男女が職場の仲間と浮気するセックス描写が映しだされますが、男も女も機会があれば浮気を楽しむように行います。

 

勿論のこと、アメリカやヨーロッパの全ての男女がその様な行動をするわけではありませんが最近の男女に大きな影響を与えていることは事実です。

 

また、欧米の映画には浮気が判明して離婚訴訟になって法定でお互いの相手を誹謗中傷する場面も出て来ます。

 

また、最近のアメリカのTV番組などでは離婚訴訟などの実際の裁判を放映して、陪審員や裁判官のいる前で相互の言い分を言い合うような番組もあります。

 

裁判自体もアメリカではテレビで公開されるものもあるのですから驚きです。

 

日本でも離婚問題は当事者同士では話し合いも平行線になりますし、感情が先立って解決のいとぐちもみえてきませんので、離婚に強い弁護士に依頼して交渉を託しますし、交渉がまとまらなければ裁判にもなります。

 

日本もアメリカ並みに弁護士数も増えておりますので、離婚問題を得意として専門化している弁護士が増えています。

 

また、相手の浮気を疑ったら興信所や探偵事務所に相手の行動調査「浮気調査」を依頼する人が急増しています。

 

既婚者だけでなく婚約中や恋人同士でも浮気問題が疑われて探偵事務所に依頼するケースもあります。

 

浮気調査を依頼する内容には「感情的になって真実を知りたい」というケースや「離婚を決意していて離婚訴訟を自分に取って有利にしたい」などの目的が多いようです。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る